お祓いが必要だと感じたとき一覧(私の場合)

Fortune Tarot

個人的な体感であり経験からの憶測です

世の中には不思議なこともあるモノで、これまで生きてきていろんな経験をしておりますが、特に「サイキックアタック」とか「低級波動」とか言われる邪気を受けているときというのは、本当に自分でも笑ってしまうくらい、物事がうまくいかないものです。

それでもこれまで何とか切り抜けてはきましたが、今回の記事は、あなたが行き詰まる前に「ちょっとお祓いでも受けてみようかな」と思えるような、何かしらの参考になればと思って書いてみます。

今回は攻撃されているパターンに絞ります

変なタイミングで事故にあう

実は記憶に残るもので2回ほど経験があるのですが、そのうちの1回は、自分でも何か良くない感じがする最悪なタイミングで起こりました。

自覚症状があったのにお祓いを受けなかった私のミスでもあります。

事故処理の現場は怪我もなく話もスムーズだったはずなのですが、後から保険屋さんに「終わるまで急にやり取りがスムーズにいかなくなり、かなり時間がかかった」というご報告をいただき、各方面に非常に申し訳なく思う出来事でした。

その「最悪なタイミング」というのは、寝ようとしてもなかなか眠れず、日中もなんとなくやる気がでなくて、その日は特に仕事が手につかず、寝る前に音楽を聴いたままつけっぱなしにしていたパソコンから、深夜に何か音がするので耳を澄ませてみると、なぜか勝手に怖い話の動画が流れていて。その音声にも衝撃だったのですが、恐ろしくて目を開けられず・・・そんなこんなで朝を迎えたその日に起こった出来事でした。

2回目は、いわくつきの品物を預かり、それをうっかり車内に置いたまま用事を済ませている途中、駐車場に停めていた車が事故にあうという衝撃の出来事です。

慌ててその品物を含めてお祓いしてもらいましたが、この品物を持ち歩いていたらどうなっていたかと思うと、なんだかぞっとした出来事でした。

変な念がこもっていそうなものは、思わぬトラブルを招く根源になりかねませんので、早めに処分することをおススメします。

ちなみに、どちらの事故もケガ人は出ていないのが不幸中の幸いです。

これは事故ではないですが、ある時期、いただきものの「とある装飾品」を身につけて出かけるたびに、何にもないところでつまずいたり転んだり、足が思うように動かないという出来事がありました。

あれはかなり強烈な一品だったのではないかと思います。「縁起が悪い」とは、この品物のために生まれた言葉かもしれないと妙に納得してしまうくらいの、忘れられない出来事です。

その時は逆に、ものすごく素敵なペンダントを身に着けると、まるで私を避けるかのようにチェーンがすぐに切れて落としてしまうというような、思い起こせば不可解な出来事もありました(私が邪や蟲のデパートだった時期ですね)。

業務用にも使われる、すごく顔映りの良いメイク用ミラーを買ったときもそうでした。届いてすぐに鏡が割れてしまいました。そういえば、大事にしているモノや、良い気を発していそうなモノから紛失したり、破壊されがちになります。

身近な人との間に突発的なケンカが・・・

これは、本当にしょうもないことがきっかけで、いつもならこんなことでケンカになるわけがないのに、ものすごく身近な人とケンカばかり勃発する時期がありました。

大切な人たちが急に態度や考えを変えたり、誰かの誘惑につい流されたり、自分や大切な人の計画がダメになったり、思わぬことで変更せざるを得なくなったり。

自分でも驚くような簡単なミスを連発してしまったり、周囲に誤解されたり、悪いうわさを流されたり・・・

もちろん自分に原因がある場合もあるのですが、お祓いが必要なパターンの場合は「なぜこんなことになってしまっているのか、全く心当たりがない。」というのが決め手になります。

後で後悔するようなことをなぜかしてしまう

本来の自分であれば、到底そんなことはしないであろうことをなぜかその時やってしまう。

それで周囲に心配されたり驚かれる、という非常に申し訳ない経験もあります。些細なことでも自分で自分の自信や信頼を失わせるようなことをやってしまう。だけど、どうしてそれをしたのかが、自分でも分からないわけです。

悪い胸騒ぎがして落ち着かない

これは本当に、邪気を被っていると良く感じます。判断能力が鈍るというか、何か起こるかもしれないけど、それが何なのか良く分からないみたいな。

ストレスや疲労からくるのだと思いたい体調不良

やたら全身が重い、異常に身体がだるい、頭も顔も目の奥も肩も重くてしんどい。お風呂に入っても、マッサージで癒されたと思っても、なかなかスッキリしない。たくさん眠ったはずなのに、朝起きても疲れがとれていない。首の周りや背中(肩甲骨の間)が痛い。腰や肩、目の周りがだる重い。考えたり行動する元気や余裕が奪われる。

コワい話をしていて被る

霊的なしんどい話を聞いていて、他人のしんどさを被ってしまうことがあります。
これは、傍にいても電話越しでもありえる話です。情報は常に飛び交い、距離は関係ありません。

セッションして被る

セラピストの宿命かと思うくらい、人に触れるお仕事というのは、その人の気に触れるのと同じことなので、どうしても被って(貰って)しまうことがあります。

私の場合、専属のお祓い師がいるので、毎度メンテナンスをお願いして、クリアな状態で施術ができるように対策しています。

セラピストさんたちを脅すつもりは無いのですが、霊的なメンテナンス無しでこの仕事を続けるのは、私には無理です。

また、腕の良いヒーラーさんほど急に不可解な病になったり、短命だったり、しんどくなってお休みされたりという話を聞くと、他人の邪気に触れることや、無意識に自分の気を削ってしまうことって、やっぱりリスクを伴うのだな、と感じるのです。

攻撃的なエネルギーってどこからくるの?

怒りを伴う「嫉み、憎しみ、被害妄想、劣等感、ひがみ、恨み、嫌悪感、疎ましさ、復讐してやりたい強い思い」を、自分で浄化できない人たちは、それを、目には見えない情報場で、縁起の糸(相手との関係性を繋ぐ見えないパイプやコードの様なモノ)を辿って、対象となる人にぶつけては攻撃することを繰り返します。

ぶつけられる側は非常に迷惑なのですが、目に見えないだけに防ぎようがありません。

魔が刺す、弱みにつけこむという言葉がありますが、自分を見失っていたり、気がゆるんだり、弱気になった瞬間を狙って、魔は刺してきます(攻撃をまともに食らう)ので、自分をしっかり持って、毅然とした態度で、そういったモノを受け付けないことが重要です。

気功ができる人であれば、こまめに結界を張ることです。

基本的に「自分の心が満たされた状態」であれば、ぶつけられても割とダメージは少なくて済みます。
「幸せを感じられている状態」というのは非常にパワフルだからです。

逆にいうと、自分に自信が持てていなかったり、自分以外の誰かに自分のことを分かって欲しいと思っている人ほど、そういった類いの人やモノに狙われやすいとも言えます。

なんか最近おかしいかもと思ったら

話がそれてしまいましたが、何か異常を感じられることがあれば、遠慮なくご相談ください。

当サロンがご提供しているお祓いは、気軽に定期的なメンテナンスとしてご利用いただけるような価格設定となっております。(今後、価格が変わることがあります)

※お問い合わせには男性スタッフが対応いたします。お電話されて驚かれる方がいらっしゃるといけませんので、念のため記載しておきます。

最近、強烈な被りを経験しながら、いろんな気の感触を体感できました。
新しい気功技術で対処できないか、試行錯誤しながらやっています。

先日、無償遠隔ヒーリングで「蟲駆除」をやりましたが、なかなか手応えのあるフィードバックをいただき、ありがたく思っているところです。
気功もタロットも、いろんな人生に触れ、しんどいときは周囲のサポートを得ながら、成長できる材料がたくさんで楽しいばかりです。

コーチの藤井裕子(紫晶瑠璃)です。 心地よい空間でリラックスしていただきながら、 日頃のストレスや緊張で凝り固まった心と身体を癒すお手伝いをしています。 タロットや気功、コーチングを通して、 あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートしています。 ささいなお悩みでも大丈夫です。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)