2020年10月の12星座別タロット占い

Fortune Tarot

世の中の流れと気をつけること

こんにちは。
いつもありがとうございます。

2020年10月となりました。
今月のテーマと開運アドバイスを、タロットカードと山内さんオリジナルの龍体文字カードを使って言葉にしてみます。
何処までいっても所詮は占いですので、あまり深刻にならずに、参考程度にお楽しみください。

それでは、全体的なメッセージからお届けしていきます。
大きなテーマは「着実に、時間をかけて、質を高めながら内容を充実させていくこと。」です。
表面的なものをうまく取り繕うのではなく、安定だけを追い求めるのでもなく、自我や感情に呑まれずに、変化を起こしていく精神力が問われる時期です。

自分が今ここにあることの大切さや、当たり前のことが当たり前ではないことのありがたみを忘れずに、世の中の情報に惑わされないように気をつけながら、ゴールに向かって旅をすすめましょう。
世の流れが一時的に大きく乱れたとしても、それはあなたの問題ではありません。
心理的な窮屈さは否めませんが、それでもあなたは自由に進んで良いのです。

「8」のカードがたくさん出てきました。
自在に変化できるエネルギーに満ち溢れている感じがします。
大切なのは、そのエネルギーをどの方向へどのように向けるのか、ということのようです。破壊する方へ使うのか、新たな何かを誕生させるエネルギーとして使うのか、各々に委ねられている気がします。
テーマとなる龍体文字は「う」です。新しい循環を生み出すエネルギーをうまく活用していきましょう。

※今後の方向性で迷うことがあれば、タロットがお役に立てるかと思います。進めていく上で気をつけることや、よりスムーズに取り組むためのアドバイスなど、気になることがある方はご利用ください。

ではここから先は、12星座別のタロット占いです。

おひつじ座

あなたらしさが発揮できる期間です。その分、あなたの影響力も強くなる時期ですから、発言することや表現することが、より大きな存在感を放ちます。これまでの経験や知識を活かして、思う存分、活躍されてみてください。気をつけることは、見せ方を使い分けることです。情熱だけで突っ走るのではなく、どのように振る舞うかを場面ごとに変化させてみると、さらに魅力的な人物として、たくさんの繋がりを獲得していくきっかけとなり得るかもしれません。ひとつひとつの積み重ねが、さらなる価値を生み出します。(け)

おうし座

我慢はもう終わりです。不安で動かない選択をしていた人も、もう動き出すときです。流れは豊かさの方へ向かっています。好調の波に乗るためには、これまでの不安要素を手放すこと。嫌な人たちをわざわざ自分から相手する必要はないということ。あなたの時間やエネルギーを当たり前のように奪っていく存在があるなら、そろそろ「それはおかしい」と気がつくことです。きっと、そういうことに気がつかされるような出来事が多いと思います。この先も地獄だと思い込むのは自由ですが、そうではないと思えるかどうかです。(な)

ふたご座

これから先の自分の夢を叶えるために、慣れ親しんだ場所から離れる決断をする人も多いかもしれません。このままではいけない、環境を変えようと思うのであれば、今月は良い時期となりそうです。気をつけることは、みんなの意見を大事にしようとしないこと。結局は「自分がどうしたいのか」です。後ろ髪を引かれることもあるかもしれませんが、ここは一旦背を向けて、自分の道を見つめ、自分の足で歩む勇気を持ちましょう。隙をつくらないように、魔が刺さないように、深呼吸してお過ごしください。(ふ)

かに座

何かが終わり、何かが始まるエネルギーに満ちている時期です。もしも終わりが来たとしても、新しいはじまりがすぐそこにあるということになります。なので、不安になることはなにもありません。失うものにいつまでもしがみついて生きていくのも、新しいはじまりを心待ちにするのも、その人の受け取り方次第です。これを読んでくださっている方は、自分を見失わずに、どんなことがあっても「これから先、どう生きるのか」を自由に思い描き、他人から受けたネガティブな影響を手放していけると信じています。(さ)

しし座

心が穏やかに、自分の力で切り拓いていく力が湧いてくる時期です。ここまでどん底だと感じていた人がいるのであれば、少しずつ気持ちが楽になっていくはずです。これまでの生きる辛さを知っているから、人に優しくできるのです。抱えているしんどさは人それぞれですが、あなたはあなたらしく、どっしりと構えて進んでください。万人から受けることよりも、自分が自分らしく活躍できる場を選ぶことを、自分に許してあげてください。誰かに、ではなく、自分で、自分のご機嫌を取りながら過ごしてみることです。(さ)

おとめ座

自分自身の世界観を大切にしたい時期。誰かと何かをやろうとするとき、相手のことももちろんですが、先ずは自分自身のことを自分がきちんと理解していないと、何もうまくいきません。今月は世話を焼きすぎるのをやめ、聞き分けの良い自分を演じるのもお休みして、本当の自分が何を求めているのか理解しておくと、良きサポーターが現れやすくなります。あなたの「思い」に共感、賛同してもらうためにも、あなたが自分の思いをしっかり表現できることが大事です。準備が整ったらぜひ実行へ移してみてください。(つ)

てんびん座

今月は敢えて一匹狼でいることをおススメします。というのも今は、今後の在り方をしっかりと見極めていくための、冷静な、客観的な視点が求められる時期だからです。物事が動き出そうとするエネルギーに強く影響を受けている今だからこそ、その場の雰囲気に流されたり、見せかけの富や名声に惑わされることのないように気をつけて過ごすことが求められます。これまで敬遠していたことが、実はすごく自分に合っていたということもありそうです。純粋にワクワクを感じる自分を軸に動き始めてみることです。(ほ)

さそり座

目に見えないモノのサポートが得られそうな時期です。新たな可能性や行き先も、自分次第でいかようにも選べそうです。それは、あなたが何を大切にしていきたいのか、誰に何を届けたいのかがはっきりしているからこそです。今月は、物質的な豊かさよりも、心を満たしていくことの方にフォーカスしていくと良いです。誰かを満足させることが、結果的に自分の世界を満たしていくことにつながります。ただし、無理は禁物ですので、心と身体を休め、充電するための時間も意識して持つように心がけると良いでしょう。(ゐ)

いて座

新しいサイクルに入るエネルギーの後押しがある時期です。過去の出来事を思い悩まずに、新たなメンバーとの世界にフォーカスしましょう。ぼんやりしたり、内側の葛藤が起こりやすい時期でもありますが、たとえ未完成のことがあったとしても、そこに執着しないことです。特に家族間のことや金銭的なことに関する問題が浮き彫りになりやすいかもしれませんが、大切なことは「愛」がそこにあるかどうかです。相手がどうとかではなく、どんな状況であっても、相手を慈しむ気持ちがあれば、それで良いのです。(ろ)

やぎ座

自分の心の状態が、状況にダイレクトに反映されやすい時期です。次のステージへ向かわざるを得ないタイミングでもありますが、ここで感情的になるのはあまりおススメしません。重要な決断をする際は、数値化したり、文書として残すなど、曖昧にすることのないように気をつけてください。特にビジネスの現場であれば、情で訴えるよりも、規則や適性から公正な判断をするように促してみるとスムーズです。目先の損得よりも、自分がやりたいことを優先すると、結果的にうまく実力を発揮していけそうです。(ろ)

みずがめ座

これまで自分に対して許せないことがあったとしたら、それを克服するチャンスです。特にコミュニケーション能力を高めるのに適した時期となります。誰かと同じように、ではなく、空気を読み過ぎるのでもなく、あえて自分を出してみることで自信が持てるようになるはずです。たくさんの人の感性に触れ、気が合う合わないは、あって当たり前なのだということを受け入れつつ、大きな決断をするときは、情にほだされるのではなく、そのことで自分の人生にどんな影響を与えられるかという風に、シビアに考えることです。(ゆ)

うお座

あらゆるものから学び取り、感じ取ることが求められる時期です。結果としてそれらが今後の収入や生き方へのアイディアに繋がっていきます。もしも精神的に不安定になりそうな時や、よこしまな気持ちに陥りそうな時は、目の前のことに集中してみてください。100%完璧な人など存在しません。どこまでも未完成だからこそ、人は学び、成長し続けるのだと思います。大切なことは、達成できるかどうかよりも、どのようにしてそこへ向かって行くのかです。独断と偏見よりも、静観して本質を見極めることが求められます。(ま)

気功師・タロット占い師・コーチの藤井裕子です。 選べるハーブティーと日替わりのプチスイーツをお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心と身体のメンテナンスはいかがでしょうか? タロットや気功、コーチングを通して、あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)