2016年9月に個人セッションを受けた話①

Fortune Tarot

ワクワクする世界

数年前、ひょんなことからリーブスインスティテュート(以下リーブス)のサイトを発見し、
こういった世界を見てワクワクする私は、ずっとブログやイベント情報などを拝見してきました。

そして全く別のルートで、『スピラボ』という堂脇さんのサイトも拝見していたのですが、

まさかこのお二人が、一緒にすごいワークをされる日が来るなんて!!!
などと思いがけない展開に、さらにテンション高くリーブスブログを追いかけています。

さて、ブログのタイトルにもありますように、
実は私、一度だけではありますが、リーブスの仲さんに直接お会いしたことがあります。

今日のブログではセッションに至るまでのお話と、
個人セッションでの私の学び。
そしてそれが長い時間を経て腑に落ちるまで。
これから本格的に行っていく無償一斉ヒーリングについてなど、
書ききれない場合は数回に分けてお伝えしていきたいと思います。

リーブスの講習を受けたきっかけ

そもそもなぜ、私がリーブスに出逢ったのかと言えば、
このサロンを立ち上げた時、タロット占いを生業としてやっていくならば、
サイキックアタックからもっとしっかり身を守らねば!!!
そして、できることならもっとその人らしく生きるためのカウンセリングスキルを上げたい!!!と強く思ったからです。

その頃の蒼月=何をやっても憑かれ易い=クライアントさんに悪い影響があってはいけない(´;ω;`)!ということもありまして。
※お祓いをしてもらった話(生霊編)参照

だったらこの際、大枚をはたいてでも専属の祓い師を雇うか、
自分で自分自身とクライアントさんを守れるようになるか、とにかく真剣に悩んだわけです。

とにかくそれが前提じゃないと、
その頃の私のような丸腰では長くは続けられない仕事だと、その時は思ったもので。

自分とクライアントさんを守ろうという気持ちは今も強いです。

私はできればセラピストさんにこそ、
定期的に霊体のメンテナンスを受けていただくことをご提案したいのです(´・ω・`)

SNSなどでもこういったことについて発信させていただいているのは、
人を癒す立場の人が百鬼夜行であっては元も子もないと思っているからです。

チャネリングやエネルギーワークをされるならなおさらです。。。
特にこういった業界に居ても、
科学的な脳の働きなどを学んでいないとスピリチュアルに傾倒し過ぎておかしくなります。

真の引き寄せを知りたいのなら、
スコトーマ(盲点)をはずすことを覚えた方が現実的でより分かりやすいですよ、みたいなことですね。

私が、共感覚による内部表現の書き換えである気功を学ぶのも、
みなさんに気功を使える人になることをおススメしているのも、
こういった人(残念ながら百鬼夜行)や、だいぶおかしかった自分を見てきた経緯があるからです。

自分の心と身体は自分で守る。
これはセラピストの方はもちろん、対価を払ってそれを受け取られるクライアントさんの幸せのためでもあります。

深刻な状況であれば話は別ですが、
リーブスのオーラクレンジングや、気功技術の「浄化」であれば、
ちょっとしたゴミだったら祓えます。

生きていれば、何かしらのゴミは付着するものです。
だったらその都度、クリアにすればよいだけのこと。
もしくはサイキックプロテクションか結界を伝授してもらって、
有効活用するのがよいと思います。(防御が最も大切です)

そして、みんなが当たり前にこういったことができる世界にしていくことが、私の願いでもあります。

話がそれましたが・・・
数年前、とにかくどこかに自分と他人を守る術はないものか?と探していた時、
たまたま辿り着いたのがリーブスのサイトでした。

講座の内容を読んで何かを確信し、
※しかし何も分からないまま(^^;
とにかく「サイキックプロテクション」を教えて欲しいと門戸を叩きました。

初回のコンサルテーションでは、仲さんと直接お電話でお話して、
今の私に何が必要か?ということや、学んでみたら良いこと、おススメの本など伺うことができました。

余談ですが、キャロライン・メイスのことを知ったのもこの時です。
その頃は直観医療のことなんて知らなくて・・・
心と身体の関係性に本格的に興味を持ったのはこの時からかもしれません。

そしてその後、トレーナーの方から「無条件の愛のヒーリング」や「オーラクレンジング」、
「サイキックプロテクション」、「カウンセリングスキル」などを伝授していただきました。

もちろん、できるようにはなりました。
しかし、いかんせん、その頃の私の知識の量や理解できる能力のレベルが、
きちんと心と身体で感じることが可能なところまで届いていなかったため、
こうやって誰かに詳しくご紹介することができずに、かなり遅くなってしまいました。

なぜ遠隔なのに私を感じることができるの?なぜ離れているのに技術を伝授できるの?という、
基本的なところがチンプンカンプンなあの頃の私は、何が起きているのかサッパリで、ちょっとしたパニックでした(笑)

質問しようにも、何から聞いてよいのかさえ分からないという。。。困った人でしたね(´・・`)

現代気功の考え方も何も知らなかったので、当然と言えば当然な反応だったのかもしれないですが(´・ω・`)

逆に言うと、1年以上かかってそれに必要な知識を自然に身に付けていって、
ようやくその時が来た、ということになるのかもしれません。

ドキドキの個人セッション

さて、仲さんとは初回セッションの際にお電話でお話したことはあったものの、
実際に生でお会いするという機会はなく・・・

どちらかというとワクワクした気持ちで、
リーブスのみなさんが活動されている世界をパソコン越しに眺めては瞳を輝かせていました(笑)

その中でも最も遠い存在だと思っていた仲さんに、
まさか直接お会いできて、対面でお話して、
オーダーメイドのヒーリングまで伝授していただけるなんて、
夢にも思っていませんでした。

記念すべき昨年の9月30日。
前日の夜に宮崎駅から福岡まで高速バスで出発。そこから夜行バスを乗り継いで、広島県へ向かいました。

個人セッションを近くで受けられる、こんな機会はもうないかもしれない、ということと、
もしかしたら今後の私にとって必要な何かがあるのかもしれないという、
いつものあれです。

夜明け前に到着した広島県は、中学生の頃に修学旅行で訪れて以来でしたが、
見慣れない街並みも、早朝の路面電車も、なぜかあたたかく感じてとても快くて嬉しかったです。

広島駅のすぐそばにあるカフェで、心を落ち着かせながらその時を待ちました。

入ってくるのに1年かかる

さて、肝心のセッション(約1時間)。
すごく充実していて、本当にあっという間でした。

そして今になって、その時(昨年の9月末)の自分よりも、
むしろ今の自分の心に響く、素晴らしいセッションだったということが判明しました。
(※録音したものを聴き返してみての感想です)

それから、仲さんごめんなさい。
あのとき約束していたのですが、どうしても今になってしまいました。

これまで、録音していたものを、何度聴き返してみてもどうにもしっくりなじまなくて。。。

それがどうしてなのか分からないので、
また聴きたくなるまで、このまま保存しておこうという結論に自分の中で至っておりました。

あれから1年ちょっとです。
今年の12月5日。。。
なんとなく聴き返してみたくなって聴いてみたら、
不思議不思議(@ ̄□ ̄@;)!!!☆
かつての自分とは打って変わって、
すらすらと仲さんの言葉が入ってくるではありませんか!!!

今の自分なら、あの時に仰られていたことがすごく分かる。
1年越しです(ノД`)・゜・。やっとスムーズに理解しながら聴くことができました。

コーチングや認知科学、現代気功、絶望や救い、この世界がなんであるかなどなど・・・。
あれからそういったことを少しは学んで、体感してきた今の自分だからこそ、
あの時お話しされたことが、ようやくきちんと腑に落ちたのかもしれません。

天国と地獄、雲泥の差、とはこのことなり、です。

録音当時(昨年)の私の相槌の仕方は、やっぱり微妙におかしくて・・・
今になって聞いてみると、緊張もあったにせよ、ちょっとしたやりとりが本当に情けなく笑えてしまいます・・・
確かにその時は感動したのですが(・_・;)

ここだけの話、あの時の自分は、仲さんのお話されている内容に、
若干ついて行けてなかったんですよね。

でも、1年の時を経て、今ならすごーく分かるんです。
きっとそれだけ自分が学んできたってことで。
成長できた証なんだろうなと。

本当にここまでいろいろあったけれど、
まるで1年越しのギフトをいただいた気分です。
ありがとうございます。

ということで、次回は広島で何を聞いてきたのか、という内容について、
お話ししたいと思います(*´ω`*)おたのしみに。

Fortuneの店主として、タロット占いや気功、ホットストーンを用いた施術などを行っている藤井裕子です。 選べるハーブティーと、私手作りの小さな焼き菓子をお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心や身体を定期的にメンテナンスされてみてはいかがでしょうか? あなたの未来に良い変化が起こせますように、そのきっかけづくりにお役立てください。私ができることでサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)