本当にやりたいことが分からない頃の話

Fortune Tarot

12年前は私もそうでした

この仕事をしていると、「自分が本当は何がしたいのか分からない」「本当に今やっていることが自分にとって良いのかどうか自信がない」というご相談をいただくことがあります。

大きな夢を語っているのに、なかなかそれをやっていてもうまくいかないどころか、だんだんと気が重くなっていったり、苦しくなっていく人も見受けられます。

これは私の個人的な経験から得られた事なので、参考になるかは分かりませんが、よろしければどうぞお付き合いください。

今の仕事は楽しくてやめられないけれど

12年前、私は「食に関することで活躍する人生」こそが、私にとって正しい選択だと信じていました。
せっかく自分で選んで飲食店に嫁いだのだから、そう思うことが当然だし、その前提を疑ったことがありませんでした。

「女将」という肩書がすでにありましたから、食に関する資格を取り、接客や経営、経理に関することを積極的に学びに行き、できるだけ地域の活動に参加して、無難に長くやっていけるようにお手伝いしていくことが、私のやりたいことなのだと決めつけて生きていました。ちなみに「フードアナリスト」は2級まで取得したことがあります。

お金が溜まったら駐車場付きの住居兼店舗とか良いな、などと真剣に考えた時期もあり、そういったことを占いで相談していたこともあったりするくらいです。

結果としていうならば、「そもそも前提から間違っていたことが判明した」ということになるのですが、なぜ間違いに気がつけたかといえば、答えは恥ずかしいくらいシンプルなことで・・・

本気で叶えたいと思えないこと、なんとなくそれが良いと思う、程度のことに、いくら「頑張ります!」と意気込んで取り組んだとしても、なかなか軽やかに行動できない自分や、ワクワクできなかったりする自分がいることに、その当時はまったく気がつけていなかっただけのことなのですが、あの頃の自分は本当に何も分かっていませんでした。

本当はやりたくないこと、本来の使命ではないのに、無理して間違った努力をし続けていた私は、どうなっていったと思いますか?
エネルギーが奪われるだけの毎日が続くと、やる気や元気が思うように湧いてこなくなり、頑張ろうと思えば思うほど、しんどい状況に陥っていくばかり。

そうなってくると、だんだん仕事に足が向かなくなり、もっと気が重くなり、ストレスばかりで楽しいと思えなくなってしまい、こんなはずではないのにどうしてやる気が出ないのか、やりたいことができる環境にあるのに自分は贅沢だ、怠けている、私がおかしいのだと「自分を責める」ことばかりやってしまうようになりました。

自己嫌悪や自己卑下が行き過ぎると、目の前の仕事をただただ穏便にこなしていくだけの人になるのですが、周囲には私の心の葛藤が伝わるはずもなく。

残念ですが、これ以上、誰かや何かが望む、納得のいかない自分に合わせて生きるのは無理だと、日々の生活さえ楽しめなくなり、気持ちはいつもどん底でした。

私の場合「こんな環境にはもう耐えられない」というところまで現実的に追い込まれないと、自分が間違っていることや、心の深いところで感じてきた思いに向き合えなかった、という、かなり浅はかさが際立つ過去があります。

誰が悪いわけではありません、自分の選択が誤っていたかもしれないことを認められずに引き延ばした自分の責任です。
理不尽なことも、不可解なことも、納得のいかないこともたくさんあったのですが、行きつくのは、「結果としてそれを受け入れ続けてきた残念な自分がいた」ということになります。

その後、「そういった状況から出ることを選んだ自分がいた」から、今の自分があるわけなので、過去に関しては特に何もありません。
今の私にできることは、ここまでのご縁に感謝して、関わってきた全ての人が幸せであることを、無条件の愛と共にただ祈るだけです。

別に無理して望む必要はなかったのに

二十歳の私が何を思ってその選択をしたのか?
そこまでさかのぼらないと腑に落ちない生き方をしていたので、仕方が無いのかもしれませんが、きっと周囲の大先輩がたから「女将になればお前の良さがもっと際立つぞ」「これからの時代は会社員より自営業のほうがお金持ちに成れるぞ」「若くして一戸建ての住宅に住める日もそう遠くないから」など色んな夢を刷り込まれて、別にそれは自分が心から望んでいたわけではなかったはずなのに、あたかもそれが自分の望む生き方であるかのように、それが正しいと思い込んでしまった結果、こうなってしまったのではないかと、今なら腑に落ちたりしています。

その大先輩たちは、私の未来に対してそう思ったのかもしれませんが、私(本人)にとってはそうではなかった、ということになります。

自分が本当にそれを望んでいて、ワクワクして取り組むのであれば、余計なストレスなんて感じなくて済んだはずなのです。

自分が好きでやっていることならば、「どうして自分ばかり・・・」「いつになったら我慢しなくて済むようになるのだろう・・・」と被害者意識に陥ることも無かったはずなのです。

何かを望んでいるにもかかわらず、なかなか行動するきっかけがつかめないとか、エネルギーが湧いてこないとか、やろうと思うだけで気が重くなるとか、先のことを考えただけでしんどいとか、こういったことを自分で自覚できているのであれば、間違った選択をしている可能性があるので、「あえてその選択をしない生き方について考えてみること」をおススメします。

「これから先のことが楽しみ」「そのことを考えただけでワクワクしてエネルギーが湧いてくる!」であれば問題ありません。
本気の思いに突き動かされるように行動している時って、ぜんぜんしんどくないというか、むしろやりたくて仕方がないので、夢中になると時間があっという間だし、簡単にやめたいなんて思えないから。

今の私の仕事がまさにそうです。
確かに、いろんな人のいろんな情報に触れることや、理解しようと五感を研ぎ澄ませながらカードの絵柄を解釈したり、物理的な身体を整える働きかけをするためには、めちゃくちゃエネルギーを消耗します。
しかも私の場合、「今のうちに伝えたいこと」が次から次に浮かんでくるので、オマケがついつい長くなってしまいがちです。

それでも不思議とどこからかエネルギーが湧き上がってくるので、嫌になることがほとんど無いのです。

むしろ消耗するほどチャージされていくような感じがして、逆に元気になります。
それはきっと、それをやることで心と身体が満たされていき、魂が(あるとするならば)、喜びを感じているからだと思います。

ということは、本当の夢ではないことに必死になっていた離、本気で叶えたいと思えていないことを無理にやっているから、心と身体が抵抗したり、「どう考えてもうまくまとまらずにしんどく感じてしまう」のではないのかな?と感じるのです。

私自身もそうでしたが、意外とここに気がついていない人が多いです。

約12年前に、こういったことをアドバイスされたにも関わらず、その当時の私がピンとこなかったのは、「そんな生き方ができるわけがない」と思い込んでいたからです。
聞いたことを自分のこととして受け入れていなかったということですね。

こんな風に、まるで通りすがりのような感覚で、私たちはせっかく得られた必要な情報であったとしても、無意識に聞き流したり、大切なことをわざと見落としたりしてしまいがちです。

良い話やセミナーを聞いても、何も変わらない人というのは、
その人が無意識に「変えない・変わらないという選択をしている」だけなのです。

私のように、今になって「うわ~、あの時に言われたことが今ならすごく分かる~!」となったとしても、それはそれで良いと思うのです。
長い人生の中で、「それが理解できただけでもすごいことだ」と、今なら思えるので。

だからこそ、「何歳からでも遅くないです」と私は言い切れるのです。

気功師・タロット占い師・コーチの藤井裕子です。 選べるハーブティーと日替わりのプチスイーツをお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心と身体のメンテナンスはいかがでしょうか? タロットや気功、コーチングを通して、あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)