おとめ座新月に思うこと

Fortune Tarot

慌てず焦らず一休み

9月17日は「新月」ということで(「新月の願い事」などどこかで聞いたことがあるかもしれませんが)、新たな目標を設定するのに適したタイミングであるといわれています。
特に今週は「リストアップして紙に書いてみる」ことをおススメします。
やってみたいこと、今の自分に必要だと思うことなど、思い浮かべるだけでなく、紙に書くことで、より実現しやすくなるはずです。

またこの時期は、健康的な生活を送るための取り組みについて考えてみることや、慌てずゆっくり(心に余裕を持って)生きることを心がけてみるのにも適しているようです。
たとえば周囲が混乱していても、自分だけは穏やかな空間で過ごせているような心の持ち方が求められます。
そのためにも、周囲に対して批判的になり過ぎずに、先ずは自分の世界を大事にしながら、目標に向かっていきましょう。

長期的に取り組んできたことが一段落すると、私の場合は特に、ボーっとする時間が増えます。
一旦リセットして、次のテーマを決めるのですが、パッと思い浮かんだことであっても、ひとまずじっくり寝かせつつ、あらゆるビジョンを思い浮かべて、やっぱりコレ!となるのを待つような、そんな時間のようです。

昨年、思いがけず福岡へ引っ越しをして、いろんなことを経験させていただき、年が明けてまた、不思議なタイミングで宮崎へ戻ってくるという体験をしました。
その期間で得られたモノは、感謝しきれないくらいたくさんあります。
もちろん、他の人からすると憤るような、驚くべき出来事などもあるにはありましたが、そこから得られた知識や経験の方が私としてはありがたかったので、特にそれ以上の思いはありません。

私がプライベートでやらかした失敗は全て、他のお客様にとって役立つ情報となり得るのですから、そういった意味でもやはりありがたいことに変わりないです。

私にとって、2015年からの数年間は、極度の絶望や孤独感にさいなまれる出来事が怒涛のように押し寄せた期間であり、
その出来事の中で「私はそもそも何のために生きる?」「私の命は私に何を求めている?どうあることが本来の目的?」というような問いかけと共に、それまで蔑ろにしてきた自分との交流を深めざるを得ない期間でもありました。

それまで当たり前のように「絶対必要」だと思い込んでいたモノを一旦失ったことで、まるで見え方の違う世界がすぐそこにあるのだということに気がつけたことは、私の中の大きな学びであり、あとから思い返してみても感動することのひとつとなっています。

結果、過去に戻ろうとすることをやめ、ただ周囲の意見に飲み込まれて生きることもやめ、自分の責任で自分の人生を生きる(自分の足で立って前進する)ことができるようになり、koji-kinさんのお話でいう、ヒルの時代の生き方へ大きく変化することができてきています。
これからは「楽しい」の和を拡げ、情報を共有しながら、ゴールに向かって自分を磨き続けるのみです。

さて、これを読んでくださっているあなたは、昨年の今頃の自分と比べてどうですか?
もしくは、この5年間くらいをふり返ってみて、どのくらい進化・成長できているでしょうか?

特に成長を実感していること

私個人のことで恐縮ですが、タロット占いでいえば、セッションでめくる全てのカードから、抽象度の高い(その時点でのその人となりの)情報が、数年前よりもすんなり把握できるようになりました。
これはセッション中だからできることであって、普段の自分とは全く違うので自分でも驚きなのですが、出てきた全カードの絵柄も、これまでの質問に対するすべてのメッセージも、そこに関連する数字も、とにかく全部ひっくるめてひとつの(別の)ビジョンとして見渡せるようになったことについては、自分としても面白いな、と感じている次第です。(言葉で表現するのが難しくて伝わりづらいかもしれませんが)

それから、クライアントさんによって、取り出す情報を加減している自分に気がつけたことも、大きな気づきではありました。
「どうして伝えようと思ってもスルーしてしまうのか」「どうしてカードをめくる手が止まるのか」の謎が解けた気がして、無駄に反省することがなくなりました。
もしかすると無意識がブレーキを掛けるのかもしれませんし、ラポールから伝わる何かをキャッチして、自然にそうしているだけかもしれません。
これもタイミングなのだと思います。

最終的にクライアントさんに気づかせることが私のタロット占いの特徴なので、自分でも占いっぽくない占いだとは思いますし、好みは分かれると思います。
だからこそ、好きな人が集まってくださる場所に変化し続けているのかもしれませんが・・・。

たくさんの人に出逢い、その人の生き様に触れれば触れるほど、年齢も性別も肩書も「生き方」というカテゴリでは何の忖度も受けられないのだということを、嫌というほど思い知らされるお仕事です。
世の中には「必要だけど必要じゃないことだってあるのだ」ということも、ここにきてなんとなく分かってきました。

人にはそれぞれ成長や発達のスピードがあり、個人が抱える問題についてどこまでの学びや気づきが得られているか、むしろ本当に変わろうとしているのかどうかについても、以前よりは理解できてきている気がします。

抵抗している人を、無理に幸せな方へ引っ張ることもしていません。逆に言うと、それがその人にとっての崩壊になるからです。

私は、ある程度の選択材料は提示できますが、そこから何を選択して生きていくかは、その人次第です。

一個人としては腑に落ちなくても、そういう生き方もありだと認めることは、プロの占い師として必要な考え方かと思います。

こうやって書いてみると、私はどうやらセッションしながらものすごく考えたり感じたり納得したりしているようですね・・・毎回全力です。

気功に関しては、福岡にいるうちに「身体に直接触れて気を流す」ことをスタートさせ、試行錯誤を繰り返しながら(お付き合いくださったモニターのみなさん本当にありがとうございました!)、おかげさまで、ようやく私なりのやり方のコツがつかめてきました。
ごめんなさい、昨年の今頃とはスピードも知識の量もかなり違ってきています・・・。

タロットと同じで、みなさんそれぞれその時点での「氣の状態」は違うので、施術前の状態のチェックとどんなフィードバックが得られるか、毎回ワクワクしながら施術させていただいております。
実践しながら学ぶ!は、タロットで起業したときと同じです。

余談ですが、今(2020年9月現在)は1回3000円という金額で、かなりボリューミーな施術が受けられる状況です。
これは贅沢過ぎる!というありがたいフィードバックもいただいています。様子を見ながらではありますが、この先いつかは価格を変更することがあるのかもしれません。

どうあれ今の目標は、きちんと結果を出していくことなので、施術を受けてしばらくたって「思い起こせばあの頃から調子が良くなったかもしれない」と実感していただけたら、とても嬉しく思います。

心を満たす時間をもちましょう

タロット教室でもお話することですが、自分の心が愛や優しさで満たされていると、自然に周囲の人にも伝わっていくものです。
そうあればあるほど、同じように愛や優しさに満ち溢れた人たちが自然に集まってきます。

逆に言うと、心が満たされず(空っぽの心を満たそうと)、他人から愛情や優しさを奪う(与えてもらう)ことばかり考えている人には、同じように満たされず欲しがるばかりの人たちが集まってくるものです。

幸せを感じる方向性は人それぞれです。
誰かのまねをして、本当に幸せになれるかどうかは、その人にしか分かりません。

心が満たされない人生を送りたいならば、これから先も我慢し続けて、自分に嘘をついて、正当化してごまかして、一生懸命努力しながら犠牲になって、苦労を重ね続けることで、不平不満ばかりの、素晴らしく満たされない生き方が叶えられることでしょう。

心を満たし、幸せを感じられる人生を望むのであれば、自分にとっての「好き」をたくさん見つけてあげることです。
「楽しい」と感じることを、自分にたくさん経験させてあげることです。
そして、「軽やか」に感じられる自分の心や身体の状態を、自分で把握しておいてあげることです。

これから先の世の中で、他人に良い影響を与えられる人になろうとするならば、まずはこの二つの生き方の違いを理解するところからがスタートだと思っているので、私のタロット占いやタロット教室では、こういったことも良くお話しています。

ちなみに、次の新月は10月17日。スーパームーンだそうですよ。
それまでに、自分を痛めつける方向ではなく、自分に優しく、癒していく方向へ向かわれますように。
そのサポートのひとつとして、毎週日曜日の無償一斉ヒーリングは続けていこうと思います。
よろしければ継続して受けられてみてください。

気功師・タロット占い師・コーチの藤井裕子です。 選べるハーブティーと日替わりのプチスイーツをお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心と身体のメンテナンスはいかがでしょうか? タロットや気功、コーチングを通して、あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)