占いについて最近思うこと

Fortune Tarot

占いも話し手と受け手次第でいかようにも変化します

占いといってもいろいろありますが、生年月日や生まれた土地などから関係性を調べて、その人の持って生まれた特性や魂の目的などを伝える命術とは違って、私が行っている道具(タロット)を使った鑑定は、その時その瞬間に出てきたモノ(カード)でその人をみていく「卜(ボク)術」になります。
なので私は「あなたはこういう星の下に生まれてきたのだから、こういう風に生きなさい」という鑑定はしません(というかできません)。

例えば、「芸能人になりたい」という人がいたとして、命術では「学者や研究者向き」とある場合、「だから芸能人になることはあきらめなさい」などと言われて真に受けてしまうのは、ナンセンスです。

学者や研究者という肩書きで、芸能人として活躍する道もあるのだから、モノは言いようですし、考えようですよね。

占という漢字は、口の上に卜と書きます。
亀の甲羅に出現したカタチ(中国の古代王朝で実際に国を統治するのに使われた占いです)を問う、という由来もあるらしいですが、偶然出てきたモノを観察して推察したりするのは、現代の占いでもそうかなと思います。

命術とはいえ、この世にその瞬間、そうやって生まれてきたことこそがそもそも偶然というか、運がいいというか、奇跡のようなことだと思いますし。

また、「うらない」という言葉の語源を調べてみると、「うら」とは物事の裏、隠れている影の部分を表す古語からきているそうで、その人の心の裏側にあるものを読み解くことに通じるのかな、という感じです。

ただし、歴史ある命術の資料に基づいた、どんなに素晴らしい鑑定結界が浮かび上がったとしても、その占い師がその時に選ぶ言葉や伝え方によっては、せっかくの良い情報も、あらぬ方向へ風向きが変わってしまうことだってありえるという話であり、受け取られ方が本来の目的と大きく違ってしまうことがありえる、というのも占いに含まれると思います。

「こうあるべき」、「こうしなさい」なら親でも言えます。
でも、それに納得できないから占いを利用される方もいらっしゃるわけです。

怒られたい、説教されたい人は別のところへ行ってもらえば良いと思うのですが、私のところに来られる方はどちらかというと、何かしら自分に自信を持ちたかったり、背を押してもらいたかったり、頭の中を整理したいという方が多いのではないかな、と思います。

ご存知かと思いますが、私の鑑定では、「他にこういう選択肢もあるけれど、あなたが別の道を選ぶなら、それもありですよ。」
「その代わり、そちらを選ぶのであれば、こういうことに気をつけてくださいね。」
というような言い回しをすることが多いです。

別にその人がどんな生き方を選ぼうが、その人の人生であり、どんなにこちらが真剣にその人の心に寄り添った鑑定をしたとしても、占い師の人生では無いということです。

「私の言うことを聞かないと不幸になりますよ」と言うような占い師は、あまりいただけませんね。
まるで占い師の方がその人の人生を決めつけてコントロールしてきているようで、私は聞きたくありません。

私なら、「こうすればもっとあなたらしい素敵な生き方に繋がるかも!」という、その人がちょっとだけでも今より自分を生きることに希望が持てるような言い方を心掛けるかな、と思いますが。。。同じ内容でも、言い方次第だということですね。

しかしながら、いろいろな個性を持つ占い師がいるからこそ、選ぶ楽しみもあるわけですし、それはそれでオモシロいでしょうから、何が良くて何が悪いとは言えないですけれど。所詮、占いですし。

ちなみに私の仕事は、その人の生き方に新しい(見えていなかった)視点をもらたすことです。
自分はこういう人だ!だから上手く行かないんだ!という決めつけがその人の中にあれば、それは間違いかもしれませんよ、と遠回しに指摘することです。

それを受けいれるか受けいれないかは、クライアントさんが決めることであり、占い師が決めることではありません。

何度も言いますが、所詮占いです。

あの占い師は本物ですか?と質問されることについて

広告によっては、大々的に「本物」だの「鬼のように的中」だの「別格の霊感」だの書いてあったりしますが、何が本物かなんて、そういう風に受け取った人の主観でしかありませんので、なんとも言えません。
単純に、占い師との相性もあるでしょうし。

神仏や、それに纏わる神聖な存在とご縁があると宣伝されるのも、他と差をつけるためのブランディングだったりしますので、本当のところはどうなのか、質問されても私は良く分かりません。

残念ですが、絶対にそれが本当であるかどうかなんて、誰にも確認のしようがありません。「私は確認できます!」という人がいたとしても、その人が絶対本物かどうかさえも結局は分からないのですから。

それでも、それを本当であるかのように堂々と宣伝できて、それが一部には受けいれられている世の中です。

だからこそ、「自分で選ぶ」ことが大事なのです。

周囲の評価を全て真に受けるのではなく、本当かどうか分からないからこそ、自分にとって心地良い方を、あなたが自分で選んで良いのです。

そして、それを選んだ責任は自分で負うモノであり、結果を他者のせいにしていては、結局何も変わらないということですね。

これは、人生の選択、あなた自身の生き方においても、同じことが言えます。

来月、当サロンをご利用予定の方へのご案内

来月、タロット講座の中級を行いますが、カードの枚数が一気に増えるので、見えてくる風景がより具体的になると思います。
カードがたくさんあるから大変なのではなく、「いろんなことをたくさん知っている」からこそ、鑑定も、生きることも楽になるのです。
その辺りのこともお話ししますのでお楽しみに。

招待占い師による「魂の鑑定会」開催

6月は、命術(生年月日が必要です)で鑑定されている先生をお招きして、当サロンで鑑定会を行います。
魂の目的や、元々持って生まれたご自身の特性(気質・健康面・財・対人・ご先祖様との関係性)など、自分自身の基盤となっているものを知りたい方がいらっしゃれば、ぜひご利用ください。
※こちらは、対面鑑定のみとなっております。ご予約、お問い合わせは当サロンにお願いします。

気功師・タロット占い師・コーチの藤井裕子です。 選べるハーブティーと日替わりのプチスイーツをお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心と身体のメンテナンスはいかがでしょうか? タロットや気功、コーチングを通して、あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)