病気をやめるには?②

Fortune Tarot

あなたにとって「愛」「自由」「幸せ」「優しさ」とは?

こんにちは。
今日は一歩間違えると、自分が自分らしく生きるための足枷になってしまう、
言葉の定義について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

※一部、梯谷(はしがい)幸司さんの無料動画セミナーから学んだことをシェアさせていただきます<(_ _)>

突然ですが、
あなたにとって

『愛』ってなんですか?

『自由』ってなんですか?

『幸せ』ってなんですか?

『優しさ』ってなんですか?

この言葉の定義をはじめ、自分の中にある辞書の意味づけは、
ものすごく、自分の心と身体への影響力を持っています。

ちなみに前回、脳の苦痛系・報酬系のお話をしましたが、
あなたは今、どちらを動かして生きているでしょうか?

『愛』とは、我慢することであるって、どこかで決めつけていませんか?
『優しさ』とは、人に譲ることであるって、損することが優しさだと決めつけていませんか?

突然質問されて、
自分が日頃どんな風に定義しているか、幸せとは?なんて、きちんと考えたことなかったから分からないな~(^^;と思うのであれば、
質問の仕方を変えてみましょう。

『あなたにとって、愛がない状態とはどんな状態のことをいいますか?』

『あなたにとって、自由がない状態というのはどんな状態のことをいいますか?』

『あなたとって、幸せじゃない状態というのはどんな状態のことをいいますか?』

『あなたにとって、優しさがない状態というのはどんな状態のことをいいますか?』

こちらを考えてみた方が、早いかもしれません。

無い状態を裏返せば、『ある』という状態がどんな状態なのか?探しやすくなりますよね(*^^*)

その自分の定義を踏まえたうえで、

☆お仕事面

☆お仕事の人間関係

☆プライベートの人間関係(夫婦・親子・きょうだい・身近な友人・恋人など)

☆お金に関すること・収入面

上記の☆の項目それぞれに関して、

自分はどんなことが起きると(どんな状態になっていると)、
『愛』『自由』『幸せ』『優しさ』がないと感じてしまうか?
逆にどんな状態だと、あると感じるのか、
じっくり考えてみることをおススメします。

考えるうえで大事なポイントは、『自分にとっての自分の辞書』を考えることです。

実際の辞書の定義や、他人に言われたこと、世間的な定義を考えてもしょうがないです(;´・ω・)無駄な作業になりますよ。
正解なんてありません。間違いもありません。

これらのことについて「自分はどう感じているか?」を考えるのです。

で、何をさせたいんですか?

この質問に答えながらじっくり考えてみることによって、
これまで居ないことにされてきた、
もしくは居ないことにしてしまってきた、本当の自分の声を聴いてみることができます。

この問いかけをしていくことによって、
本当の自分を取り戻すことが可能になってきます。

☆のそれぞれの分野で、バラバラになっている自分の感覚を統合していくような感じです。

普段意識をしていないけれど、
本当の自分がどういう価値基準を持っているか?を知ることは、
健康にで快適に生きる上での『ズレ』を修正していくきっかけを得るために、とても大切な作業となります。

本当の自分で生きていないから、病気になってしまう

そして、自分の辞書の言葉の定義が分かってくると、
生きていく中で、自分が無意識にどういう心理状態(感覚)を求めているかが、分かってきます。

例えば、大好きな息子なのに・大切にしたいと思っているのに、愛そうとするとつい手が出てしまうお母さん。
息子に対する虐待をやめたい・・・と思い悩む彼女の辞書にあったのは、

『愛』 = 『暴力』

なぜなら彼女は、幼いころ親から暴力を受けるたびに、
『お前を愛しているから、お前のことが大事だからこうやって叩くんだからな!』と言われて、育ってきたから。

愛そうとすると、
自分の中の定義に従って、脳のプログラムが無意識に手を出させてしまう。
「愛そう」とするのが引き金になって、「暴力」が発火してしまう・・・

そんな辛い状態になっていたわけです。

ではどうすればよいのでしょうか?

彼女の記憶の中の『愛』の定義を書き換える必要がありました。

彼女の脳のプログラムにある、こうしたズレを更新したところ、息子に対する暴力は収まったのだそうです。

例えば、『優しくする』 = 『損する』という人。
ある女性のお話です。

男性とお付き合いするとき、彼女は常に「彼のやりたこと」に自分を合わせてきました。

本当は「自分はあれがやりたい!」「これがやりたい!」「あれが食べたい!」これが食べたい!」
「あそこに遊びに行きたい!」・・・彼女の中にいろいろあるのに、
愛しているから、優しくしたいから、彼のやりたいこと、遊びたいことに付き合ってきました。

もちろん、ときどき限界がきて、爆発してしまう・・・というようなこともあったようです。

「つい相手に合わせてしまう」って、世間的にはよくあるパターンかもしれません・・・

自分の意見を持ち出さない。我慢が大事。だってそれが愛だから。だってそれが優しさだから。
こうやって無意識にずっと、本当の自分を無視していくとどうなるでしょうか・・・

彼女は最終的に、病気(膠原病)になってしまいました。

そんな彼女に、改めて先ほどの質問をされたわけですね。
あなたにとって愛とはなんですか?優しさとはなんですか?

『え?世間的に愛ってそういうものなんじゃないんですか?優しさってそういうものなんじゃないんですか?
自分を犠牲にして、自分を我慢して、やりたいことはあきらめて、相手に合わせるのが愛や優しさですよね!?』

(;・∀・)

・・・彼女の場合、誰かを好きになって、誰かを愛そうとするとすればするほど、
『我慢しなきゃ!』『あきらめなきゃ!』と、ずっと自分を押し殺してきてしまっていたのですね。

本当なら彼を愛して幸せを感じたいはずが、
『自分の欲求を持ち出す自分ではダメだ!』って、逆に自分を責め続けていたんです。

つまり、脳の苦痛系が動き続けていたから病気になってしまったわけです。

梯谷さん曰く、膠原病の原因のひとつには強い自己否定があるそうです。
そうやって「自分の欲求を感じるのはダメだ」ってやってきたら、病気になってもおかしくありませんよね・・・。

彼女の場合、自分の中の辞書について再定義して、
脳のプログラムを更新したところ、検査の数値に良い変化が現れたのだそうです。

病気になるということは、ずれてるよっていう1つのサイン

体調を崩したり、何をやるにも意欲がわかなくなってきたり、
運が悪く感じたりすること、

これは『あなたの辞書の定義がズレていませんか?』『追い求めるものがズレていませんか?』
と、気づかせようとしているひとつのサインかもしれません。

自分の辞書を意識的にチェックするきっかけ、
『どういう風に定義しておくと効果的だろうか?』と考え直すチャンスだといえます。

自分の辞書にくっついている言葉によって、脳の動く部位は変わります。
そこから身体に出る信号も変わります。
そして、身体の中で分泌されるホルモン物質が変わります。

自分の中の辞書にくっついている言葉の定義がすべてです。
それが正しいと信じ込んでいるものを、無意識に追い求めてしまうだけなのです。

定義がずれているから苦痛系が動いてしまって、結果として身体がやられてしまうわけです・・・。

次回は、定義づけに影響をもたらす、内的基準と外的基準についてまとめてみます(*^-^*)

あ、外科的な治療を除外して、
「そもそも病気は医者や薬が治すものだ」「病を自分でどうにかすることなどできない」と定義している方には、
私が書いているブログの内容は、まったく意味不明だと思います。

簡単にいうと、

『数値が良くなったり、症状がなくなってきたから安心する』のではなく、
『安心するから、数値が良くなったり、症状がなくなっていく』のだということなのですが・・・。

長くなるので、これから分けて書いていきますね。

気功師・タロット占い師・コーチの藤井裕子です。 選べるハーブティーと日替わりのプチスイーツをお楽しみいただきながら、ゆっくりお話をうかがっています。 日常から離れた心地良い空間で、日頃の不安やストレス、緊張で凝り固まった心と身体のメンテナンスはいかがでしょうか? タロットや気功、コーチングを通して、あなたの未来に良い変化が訪れますよう、全力でサポートいたします。 ささいなお悩みでも構いません。ぜひ一度足をお運びください。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)